JAの住宅ローン借り換えは低金利が魅力です

住宅ローンを借り換えるなら、JA住宅ローンがお得です。
この住宅ローンは公庫のものに匹敵するほどの低金利なので、今、とても注目されているそうです。
ここの住宅ローンは、新築・増改築、建売住宅やマンションの購入などに使えるのはもちろん、借り換えることも可能です。
また、ここの住宅ローンは、ライフプランに合わせて返済方法や融資額、融資金額などを選択できますので、途中で返済が滞ってしまうということにもなりにくいのが特徴です。
また、近くの店舗でローンの申し込みをしたい場合は、公式サイトで店舗検索をすることもできます。
融資金額も10万円以上5,000万円以内で、返済期間も3年以上35年以内と、なかなか幅が広いものになっています。
金利タイプも、固定変動選択型、変動金利型、固定金利型の中から選べるようになっています。
普段からJAバンクを多く利用している人は、優遇金利で融資が受けられるという点も、この住宅ローンの注目すべき点です。
すでにJAカード会員の人や、JA共済と契約している人、そして、農産物代金を振込みしている人などは、優遇金利の対象となりますので、こういった条件に当てはまっている人は、JAバンクの住宅ローンに借り換えた方が大幅にお得になります。
最優遇金利の恩恵を受けられると、JAバンクの10年固定金利の住宅ローンの場合、通常年4%のところ、なんと、年2.10%になるそうです。
3年固定でも基準金利は3.55%であるのに大して、最優遇金利だと年1.85%になり、5年固定でも基準金利年3.73%が最優遇金利で年1.90%となるということです。
こういった、最優遇金利を受けられるととても得ができるということが、この銀行の口コミにも述べられています。
給与振込をJAにすることで10年固定のローンが1.5%で借り換えられた、という口コミを寄せている人もいます。
会社員やパートなど、毎月安定した収入が入る職業の人は、あらかじめ給与振込をJAバンクに指定しておくと、住宅ローンを借り換えるときに得ができることでしょう。
JAバンクでローンを借り換える契約をすると、最初の手続きから契約までの間、月をまたぐことになりますが、その間のポイントとなる時の金利が選択出来ることが良いところなのだそうです。
たとえば、3月(1.5%)に手続き開始、4月(1.6%)を経て、5月(1.8%)に本契約完了をしたときも、最低の金利を選んで借り換えすることができるのです。

住宅ローン借り換えでそのほかのおススメサイト

新生銀行住宅ローン借り換え審査甘い?【年収と頭金の基準は?】
住宅ローン借り換えを検討中の方に是非一度チェックしてもらいたいのが新生銀行です。現在最高レベルの条件で住宅ローンを借りることができます。条件がよい住宅ローンであればあるほど借り換えのときの節約効果は高くなりますから、幅広く調べて住宅ローンを選ぶことをおすすめします。住宅ローン借り換えの審査や細かなポイントの勉強をしたい方もぜひ一度お読みになっていただきたいホームページです。