JA住宅ローン審査甘い?

13年前に中古住宅を購入しました。
突然、決まった物件で貯金もなく、きちんとしたシュミレーションもできていないまま、気に入った勢いでマイホームを持つことになりました。
毎月給料の3分の一程度をローンにまわすのが一番無理をしないという話を聞き、それなら大丈夫と踏み切ったのです。
確かに当時はそれで良かったのです。
今ほど、不景気ではなかったし、主人の会社も好調だったし、子供もまだ小さく教育費もそれほどかからなかったからです。
しかし、時が経つごとにその状況は変化していきました。
主人の会社の経営状態があまり良くなく、給料は減り、それとは対照的に物価は上がっていき、さらに子供が成長して教育費も当時とは比べものにならないくらい大変な額になっています。
今、ほんとにお手上げの状態にある我が家。
住宅ローンについて知人に相談したところ、借り換えを検討してみると良いのではないかというアドバイスをいただきました。
その知人も実際に借り換えを行ったそうですが、支払額がかなり変わったということです。
それまでは無知なことにより、損をしていたともおっしゃっていました。
我が家もそうなのかも知れない。
特に今の銀行さんにこだわっている訳ではないので、別のところでも全く構いません。
そこで、色々と調べてみました。
少しでも家計に優しくなればという思いでいっぱいです。
そこで気になったのがJA住宅ローンです。
特徴として、公庫より2段階固定で0,1%低い水準なのだそうです。
また、金利には団体信用生命保険料が含まれているというこ
そして、保険料の額は35年返済の場合、0.3%弱。
金額にすると100万円に対して約65万円となります。
我が家は農家ではないので、これまで考えてもみなかったのですが、出資金を出せば准組合員として融資を受けることが可能なのです。
今の金利に比べると、こちらを利用した方がずっと財布に優しいようです。
厳しい財政状況が続き、マイホームを手放してしまう方の話もたくさん聞きますが、それだけはどうにかして免れたいと思っています。
減らせるものを減らして、自分が頑張れるだけ働いて頑張っていくしかないと思っています。
娘達の進学も控え、不安の方が大きいのですが細かいことが幾つも積み重なればどうにか生きていけるのではないかという気がしています。
思い立ったところで、まずは住宅ローンの見直しから始めてみたいと思います。
皆の生活が一刻も早く平和になることを願って止みません。

住宅ローン借り換えのおすすめサイトリンク

住宅ローンの借り換えを考えたときに心配になるのが審査についての問題ではないでしょうか?現在の史上最低水準の金利を最大限に活用するには住宅ローン借り換えは必須ですからこの機会に住宅ローン借り換えの勉強をまずはしてみてはいかがでしょうか?

年収や勤務先、勤務年数、借入金額、物件の評価などの条件は千差万別、人によってまったく異なりますからある銀行が借り換え審査が甘い、厳しいというのは一概には言えるものではないのです。
住宅ローン借り換え審査甘い銀行は?基準通らない!【落ちた理由】サイトより引用